未分類

奥深いジンの世界3

ジンの中ではジン特有の香りであるジュニパーベリーの主張がないエレガントなジンも存在します。ジンの強烈な香りが苦手という方に是非おすすめしたいボトルです。

ジーヴァインフロレゾン

様々あるジンの微妙な違いではなくはっきりした違いが感じられる『ジーヴァインフロレゾン』はフランス・コニャック地方原産の白ブドウ(ユニ・ブラン)の花と実を中心にショウガ、甘草、カルダモン、シナモン、コリアンダー、クローブ、ナツメグをブレンドした非常に繊細で優雅な香りのする白ぶどうのジンです。繊細な花の香りを活かすためにいわゆるジンの輪郭たるジュニパーベリーを排除するというセレクトが何よりも最高です。

一口飲めば葡萄の花畑

ストレートで飲んでもアルコール度数40度を感じさせないぐらい柔らかな口当たりで、アルコールが溶けていくように白ブドウの香りが広がる様は何とも言えないエロさすら感じる仕上がりです。少し暑くなり始める初夏ごろなどはソーダやトニックで割って飲むとシーズンベストマッチすること間違いなしです。夏から秋にかけてシャインマスカットが旬を迎えたらフルーツカクテルのベースとして使っても良いですね。

その香りを存分に楽しむなら常温ボトルからストレートやロックで使用するのも良いですが、カクテルベースとして使用する場合は常温で使うと味の輪郭がぼやけやすいので加水しすぎないよう少々注意が必要です。冷凍しても通常のジンとは比べ物にならないぐらい繊細な白ブドウの表情を出してくれるのでスッキリした仕上がりを求めるなら冷凍した方が良いでしょう。

より飲みやすく多少の甘さを求める方にはマスカットリキュールのミスティアを加えてあげると一体感を崩さずにまとまるのでこちらもおすすめです。

フランスコンビは相性抜群です。

このジーヴァインにはノエゾンジンという姉妹品もあり、こちらは白ブドウベースはそのままにジュニパーベリーを加えたドライジンなのですが、ボタニカルにお香の原料になるサンダルウッド(白檀)を加えている珍しい逸品です。サンダルウッドのエフェクトなのかドライジンの中でも硬度を感じるほどシャープな仕上がりになっています。ドライでしっかりした輪郭のマティーニを作りたい時はこのノエゾンジンをキンキンに冷やして使うとベストアンサーに近いドライマティーニが出来上がるのでこちらもおすすめです。

https://www.musashiya-net.co.jp/products/detail.php?product_id=15146

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。